webサイト翻訳をプロに委託する時にかかる費用

クラウド翻訳サービスの場合

ビジネスチャンスを広げるために、自社のwebサイトを多言語化しようとした場合、その多くは外注することになるでしょう。クラウド翻訳サービスは、依頼から納品までweb上で完結する方式を取っているため、料金設定が比較的安めに設定されています。翻訳は、サービス提供会社と契約している翻訳者がおこないますが、法律などの高度な専門用語を使っていない一般的なwebサイトであれば問題なく利用することが出来るでしょう。料金設定の多くは文字単価によるもので、1文字10円前後が平均的な価格になっています。また、サービス会社によってはダブルチェックや翻訳者を指名できるオプションがあり、1文字あたり5~6円プラスで利用することも可能です。

翻訳会社に依頼した場合

翻訳会社のwebサイト翻訳は、クラウド翻訳サービスよりも値段が高めに設定されています。しかし、翻訳会社では専門の担当者が付き、翻訳された文章をネイティブが確認してくれるダブルチェックが基本サービスに含まれていることが多いです。また、専門的な用語の翻訳にも強く、法律関係や医学関係に関する記述が多いwebサイトの場合は、翻訳会社のほうが向いているといえるでしょう。料金は1文字あたり20円前後の場合が多く、専門性が高ければ1文字30円を超える値段になります。翻訳会社に依頼する場合はミニマムチャージについて覚えておくと良いでしょう。これは、最低注文料金のことで、例えばミニマムチャージ5,000円の場合、文字数計算でそれ以下だったとしても料金は5,000円支払う必要があります。この事を知っておかないと、料金が割高になってしまうこともあるので覚えておくようにしましょう。

© Copyright Advantages Of The Translation. All Rights Reserved.